楽器 売りたい 高く買取 実施中!!  楽器の出張で買取が可能なエリア について(東京・横浜・川崎など)  買取した楽器のリスト

  楽器の査定依頼のメールでのお問い合わせはこちら

世田谷区のお客さまから楽器の買取のご依頼です

Fender

⇒ 楽器の買取で、古いギターでも高く評価してくれる店です!

東京・横浜・川崎エリアで、ギターやベース・アコギ・MIDI機材など、出張で高額買取します。ギター1本でもこちらから出張買取します!(※要相談)

ギターの買取のご依頼で世田谷区まで出張買取に行きました。フェンダージャパンのJVシリアルのストラトとエフェクター等以上3点の査定および買取です。
楽器の買取 事例 フェンダー ①

80年代のFender USAはELITE等の面白いモデルも中にはありますが、塗装が分厚いポリ塗装のモデルが多く、USA製だからと言っても評判は必ずしも良くはありません。

同時期の個体でもクオリティの高さからJVシリアルのフェンダージャパンが海外で人気があるのが良く分かりますね。

JVシリアルと他のフェンダージャパンのモデルとの違いをたまに聞かれるのですが、同じフェンダージャパンでもEシリアルやAシリアルだと搭載されてるピックアップは日本仕様に変わってたりします。JVシリアルだとピックアップ単体でも価値があるものが搭載されてるので、他のシリアルのものと比べると価格に当然付加価値が付きます。

そういった付加価値があるものなのでコレクターさんや取引するお客さんから必ずと言っていいほど聞かれるのは「全部オリジナルの状態か?」という事ですね。極稀ですが、「ネジ1本に至るまで全部オリジナルですか?」と言った質問も受けます。買う人も本気なんです。

ですから仮にピックアップが交換されてたり、改造がされてたりするとフルオリジナルの状態と比べると価格は下がります。あと傷は少ない方がやっぱり値段は高く取引されますね。海外だとコンディションの綺麗さについて「博物館級」と英語で表現することもありますが、そのような美品は総じて高額で取引されます。

アームや付属品やケースが揃ってる事もポイントになりますね。

この個体はボディの淵に軽い打ち傷がありますが、コンディションとしては最高と言っていい状態のJVシリアルのストラトです。

フレットも凹みはほとんど無く、大切に使って保管していたんだろうなと推測します。楽器を売ろうと考えてる方は、こうやって弦をずらしてフレットの凹みや消耗があるかを見るようにして下さい。必ず査定の際はどのお店でもチェックする箇所です。

他にも査定の際にポイントになる箇所はいくつかあります。事前にお問い合わせいただければ出来る限り丁寧に説明致しますので、楽器をいきなり持ち込むのは心配・・・と思ってる方は是非ご連絡下さい!