楽器 売りたい 高く買取 実施中!!  楽器の出張で買取が可能なエリア について(東京・横浜・川崎など)  買取した楽器のリスト

  楽器の査定依頼のメールでのお問い合わせはこちら

三鷹市のお客さまから楽器の買取のご依頼です

BCリッチ

⇒ 楽器の買取で、古いギターでも高く評価してくれる店です!

東京・横浜・川崎エリアで、ギターやベース・アコギ・MIDI機材など、出張で高額買取します。ギター1本でもこちらから出張買取します!(※要相談)

三鷹市のお客様からギター1本、ベース1本を出張で買取して欲しいというご依頼です。
ギターの方はB.C.Richのイーグル、ベースの方はMusic Manのスティングレイになります。
ギターの買取事例 BCリッチ ①

イーグルの方はジャパン・エディションのモデルでメイプルの杢が薄っすら出ていてとても綺麗な個体です。
ギターの買取事例 BCリッチ ②
写真だと目立たないですが、実際ちょこちょこ傷はあるんですがカラーがナチュラルだと傷が目立ちにくいというのがメリットですね。

買う人の立場でも、色がナチュラルの場合はボディ本体の傷は気にならないという人は多いです。逆にネック裏側の傷などは演奏時の握った感覚で分かるので気にする方は結構います。
ギターの買取事例 BCリッチ ③
本体バックの淵側にも打ち傷が少々ありますが、コレクターさんでもない限り気にする程の傷ではないです。
ギターの買取事例 BCリッチ ④

弦をずっと張りっぱなしの状態にしてたので、ネックの状態をお客さんは少し気にされてましたが、実物を拝見した際に私の方でトラスロッドを調節して綺麗なストレートになりましたので問題ありません。

お客さんがあまり知らない事を良いことにいい加減な査定をする業者もあるので、「ネックの反り」などで心配でしたらお気軽にご質問下さい。

B.Cリッチ系のギターの場合、気をつけた方がいいのはスイッチやコントロール系統ですね。普通のレスポールなどと比べたら配線も複雑なので経年劣化でノイズやガリが生じやすい面があります。

あとは音が出ない場合には、ただの接触不良などではなく、サーキットの基盤そのものが壊れてしまってる場合もたまにあるのでその点は要注意です。ギターの買取事例 BCリッチ ④

ギターやベースの出張買取をしていますと、いざ現場に行ったら「音が出ない・・・」なんてことは時々あります(汗)
売りたい楽器は「長らくずっと放置していた楽器」というケースもありますから、前回弾いていた時は問題無かった・・・でもその前回は数年前だったなんて事も珍しくありません。

そのままの状態で査定すると「音が出ない状態」として査定されてしまう事もあるので特に注意です。原因を調べようにも、査定と修理は別という考え方の店も多いです。実際には、他のお客さんの接客もしなければいけないので、原因を調べようにもそこまで一つの楽器に集中はできませんよね。

出張買取の場合はお客さんと1対1なのでそういう部分でのメリットも大きいですね。